• トップ
  • 「ふどうさんぽ」の沿革

『ふどうさんぽ』の沿革

『ふどうさんぽ』のはじまり

ふどうさんぽ

『ふどうさんぽ』は、主催者の御井屋(みーや)によって、不動産投資を実践するための「情報交換」&「土地勘(とちかん)を養うこと」を目的として、2010年2月に設立されました。

『ふどうさんぽ』の成長


記念すべき第1回は2010年2月13日(土) 4名のさんぽ仲間(サークルメンバー)で始まりました。
その後、主催者御井屋の出会った投資家仲間を中心にクチコミで徐々にメンバーが増えていきました。
名古屋や福島といった関東以外からの参加者もいらっしゃいます。 (いつも遠くからありがとうございます)

メインのふつうさんぽだけではなく、御井屋の「収益マイホーム見学会」やさんぽ仲間の「実践報告会」などのセミナー企画(特別さんぽ)も開催するようになりました。
その後、50回記念の懇親会や初の遠征となる宇都宮遠征なども企画し、さらに回を重ねました。

さんぽ仲間たちはお互い刺激しあうことで切磋琢磨し、共に成長しています。当初は購入未経験のメンバーが多かったのですが、1棟ものの購入や「収益マイホーム」の建築など、次々と実績をあげています。
(収益マイホームとは、マイホームでありながら、マイホームの一部を他人に貸すことで、継続的な家賃収入を得る方法)

口コミを中心にさんぽ仲間が増え続け、2013年には250名にまで規模が大きくなりました。
開催回数は、2013年10月についに第100回を迎えるに至ります。

第100回記念として、『ふどうさんぽ』では初めて本州ではなく北海道札幌市での開催を実施しました。
通常回と同様に現地集合(!)だったのですが、飛行機代や宿泊費をものともせず約20名の参加者があり、大盛況でした。(お寿司もスープカレーも美味しかったです!)

20160822222651

こうして順調に拡大してきましたが御井屋が2013年末サラリーマンを卒業し、起業したことで転機を迎えます。 登録者が300名を超え事務量が増大したことと起業による多忙が理由で開催が困難になったのです。

集団体制

あくまで自主的な投資サークルなので解散する選択肢もありましたが、多くの仲間が成長の礎としてきた交流の場です。 これからも多くの投資家の糧になることは間違いありません。無くしてしまうには余りに惜しいと考えました。

そこで開催を御井屋一人の力で担うのではなく『ふどうさんぽ』で実績をあげつつあるスペシャルメンバーを中心として、運営スタッフによる集団で運営していく方針に変更しました。

運営スタッフは、ボランティア的に、これまで自分たちが『ふどうさんぽ』から受けた恩恵を一人でも多くの投資家のみなさまにも受け取って欲しくて運営しています。

その後も御井屋の知名度アップとともに会員も増え、回数も順調に重ねてきました。2015年初頭には1,000名を突破し、10月には記念すべき第150回をなんとハワイ!で開催しました。
​ ⇒第150回 ふどうさんぽがついに日本を飛び出した!

20151021IMG7632_330

しかも、この時も現地集合!といういつも通りの驚異の企画…。

『ふどうさんぽ』は今後もイロイロなエリアで開催していく予定です。
(200回記念はどんな企画になるんでしょうか? 楽しみです。)
こんな『ふどうさんぽ』にあなたも参加しませんか?

こちらの「サークル参加申込ページ」から必要事項を登録して送信をクリック。それだけで、あなたも『ふどうさんぽ』のメンバーに仲間入りです。 お待ちしています!

ふどうさんぽとは

さんぽ仲間になろう

サークルメンバー(さんぽ仲間)になる方法は、こちらの登録フォームに必要事項を入力して申し込むだけです。

さんぽ仲間の登録後、『ふどうさんぽ』のご案内がメールで届きます。
ご案内に企画内容や集合場所などが記載されています。都合のいい時に、気軽に参加ください。

 
(退会のお届けは こちらから⇒

成功のために「失敗事例」に学ぼう!

  ふどうさんぽ書籍_失敗事例に学ぶ

ふどうさんぽスタッフが、みんなの事例を持ち寄って作りました。